2016年05月27日

飼い主がダウン

我家の一大事がく〜(落胆した顔)

11日から私が寒気と熱でダウン。
13日父ちゃんダウン。
ここまではよくあること顔(汗)

私は熱が掛かりつけに行ったけど熱は下がらない、14日父ちゃんと掛かりつけの病院へ行った。
でもその日のお昼過ぎ、父ちゃんが救急車呼んでくれ!って
痙攣か?ブルブル震えて右肩が異常に痛がった。

救急車で市民病院へ行って、出来る範囲の検査をしたが、インフルエンザでも無く
血液の炎症の数値が異常に高くて、痛みとの関係を疑われて 即入院。

入院3日後、尿検査で肺炎球菌だった。
でも、肺ではなくどこに菌が潜んでいるかの検査が始まった。

二日後だったかな?痛みがあった肩に菌が見つかりました。

毎日点滴、そんな毎日でしたが、私も体調が悪く15日に救急で同じ病院で診てもらったら、

気管支炎が肺炎になりかかっていて、私も血液の炎症の数値が高く、熱が10日間続きました。

その間父ちゃんの病院に行ったり来たり。

わんこ達お留守番ばかりで可愛そうでした。

無題.png



無題4.png



無題1.png



無題3.png



幸い私は肺炎球菌ではなかったのが救い。

買い物も行けなくて、前開きパジャマも買いに行けなくて病院で有料で借りていました。

お嫁さんは切迫早産で自宅で療養中。
息子は仕事だし顔(泣)

やっと私も平熱に戻り、父ちゃんも今日で点滴から解放されます。

本当にその間は、どうなるかと思いましたよ。
わんこもまともに散歩に行ってあげられず、ちょっと無理して散歩に行っては息切れで、疲れて次の日調子が悪く
また散歩にも行けない日が続きました。

このまま私までがと思ったときは、わんこ達のことが一番に頭によぎりました。

何かあったときは、最悪動物病院にお世話になろうと思っていました。

何とかそれ以上悪くならず、父ちゃんの退院もそう遠くないと思います。

肺炎球菌、思ってもいなかった病気。

65歳から補助金があるらしいけど、全額負担でも受けておこうかと思っています。

免疫力が低下するとどこにでもいる菌が入って血液を通して菌がどこかに住むらしいです。
頭とか脊髄に来ると大変だそうです。

普段から手洗い、うがいは必ずして下さいね。

やっと、ブログを書くことができましたが、次はいつの事やら。

まだまだ体調が戻っていないのでしばらくお待ちくださいね。

わんこ達は元気です。それだけが救いです。

ニックネーム きよぽん at 21:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
大変な毎日になってたのですねがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
肺炎球菌。。。最近テレビで予防注射を宣伝してますね。
昔というよりもつい最近までお年寄りが気を付けなければいけないと思ってましたよあせあせ(飛び散る汗)
お年寄りが熱出して咳をしたら肺炎を疑って病院に連れていくって。
怖いですね〜肺炎球菌って
肺以外にも菌が入り込むのですねがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

子供が幼稚園等でもらってくる溶連菌も
菌が残ってて急に発症したりあせあせ(飛び散る汗)
子供の風邪が移ったと思って何年かしてから
溶連菌が心臓に悪さした知人がいますよがく〜(落胆した顔)

お孫ちゃんのお世話できよぽんさんご夫婦とも
疲れがどっと溜まったのでしょうねあせあせ(飛び散る汗)
疲労で免疫力が落ちていたのかもしれませんね顔(汗)

わんこたちもご主人様が具合悪い時はしっかり理解してるから
お散歩に行かないでも大丈夫ですよ犬(笑)
オヤツかいつもより豪華なご飯で機嫌よくしてくれますよるんるん

体力が回復するまではぶり返すといけないので
栄養のあるものを摂って、わんことゴロゴロできたら良いのですが
ご無理なさらないでくださいねふらふら
ご主人もきよぽんさんも早く元気になりますように揺れるハート

お大事にね黒ハート
Posted by みゆきまま at 2016年05月28日 01:03
きよぽんさん

雑事に取り紛れ PCを開けてなくて、今日 開いて驚きました。
ご夫婦共に たいへんでしたね。

私は元来 気管や肺 自己免疫系統も弱いので 65歳まで待てず、60歳になってすぐに肺炎の予防接種を受けました。
5年間有効らしいですよ。

私は去年の入院時 マシュウ達を前日から獣医さんへ預けられ、少し安心できましたから 連携関係は大切ですね。

我が家では 白内障から視力を失っていたブーケの眼が、以前のぷりんちゃんのように真っ赤になり 内服薬とぷりんちゃんと同じ「ジクロード」で様子を見ていますが あまり変化がありません。
芦屋に眼科専門の獣医があるので、来週 かかりつけの判断次第では セカンドオピニオンとして考えています。

12歳と言う年齢でもあり 見た目よりもリスクの少ない事をと 願っているのですが 心配です。
Posted by マシュウのママ at 2016年05月28日 01:50
かわいいみゆきままさんへ
ご心配ありがとうございます。

おかげさまで、夫婦共徐々に回復してきています。
元気と思っていても、体は悲鳴を上げていたのですね。
孫は可愛いけど、これからは自分の体のことを優先にしていきたいと思っています。

溶連菌、甥っ子が小さい時に腎臓に入り込み即入院安静、それから数年間
病院通いでした。

目に見えないのは本当怖いグッド(上向き矢印)

ちょっといつもと違うなと思ったら、大きい病院の方が速いです。

検査結果がなんたって早いexclamation×2

我家のわんこ達のフードは、いつもお肉かサーモンなどを入れないと食べないし、
入れても食べない時があり、食べさせるだけでも大変でした。

もう少し息子が手伝ってくれたらなんて・・・顔(汗)
Posted by きよぽん at 2016年05月28日 09:57
かわいいマシュウのママさんへ
本当にこんなこと初めてだったので大変でした。
二人そろって体調を崩すなんて本当情けないです顔(汗)

私も肺炎球菌ワクチンお願いしようと思っています。

お年寄りの亡くなる原因の第3位らしいですよがく〜(落胆した顔)

ブーケちゃん、ぷりんと同じように進行しているのですね。
直接、命には関係しないけど、眼圧が高くなると痛みが出てしまうので、
その治療が必要になってきますよ。

ぷりんは反対で眼圧が低くなり、今では測れない状態です。

黒目は半分、眼球自体が小さくなり、こっちを見ているようだけど、
黒目は横を向いているような感じです。

以前のぷりんの可愛い目ではなくなったけど、痛みは無い分良かったです。

毛が目に入ったら目やにが出ます。
炎症を抑える目薬で様子を見て行くしかないので、
ひどくなると、もっと強いお薬い替わります。

お薬も限界があるそうですよ。

飼い主が元気でないとわんこまで犠牲になります。
お互い気を付けましょうねexclamation×2

ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
Posted by きよぽん at 2016年05月28日 10:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4146254

この記事へのトラックバック